スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←続:花橘(side:R) 【白蓮青松 №13】 →しとしとと止まぬ雨(side:K)【白蓮青松 №15】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【続:花橘(side:R) 【白蓮青松 №13】】へ  【しとしとと止まぬ雨(side:K)【白蓮青松 №15】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
第3章 白蓮青松

続:花橘(side:S)【白蓮青松 №14】

 ←続:花橘(side:R) 【白蓮青松 №13】 →しとしとと止まぬ雨(side:K)【白蓮青松 №15】
続:花橘(side:S)【白蓮青松 №14】



 ― ほととぎす 待つとは知るや 橘の 香る軒端に 夕ながめして ―



「トップアーティストの君と また ごいっしょできるなんて うれしいよ、不破君」
「こちらこそ 敦賀さんほどの名優と もう一度 共演できるなんて 光栄の至りです」

 お互いに
 麗しい日本語で 折り目正しく かつ なごやかに 会話している…というのに
 
「…それにしても…本業の方が すこぶる好調で 超多忙じゃ…なかったのかな…?」
「敦賀さんこそ ただでさえ ぎっしり スケジュール詰まってらっしゃるんでしょう?」 

 周囲には パリパリとはりつめた空気が漂う。

「俺の方は これが 本業だし…。負担でもなんでもないが…
 君には 重荷じゃない…かな?若いからって 無理は禁物だよ?」

「ご心配なく。俺はまだ10代ですから。主題歌に採用して頂いたご縁もありますしね」

 さわやかな初夏。オレ達の周りだけが なにやら 薄ら寒い。

「敦賀君 不破君 お話弾んでるとこ失礼しますね」

 そんな空気 まったく読まない(読めない)のほほんとした声が割り込む。

「緒方監督。なんでしょうか?」

 ヤツが 今度は 本物の笑みを浮かべて 答える。

「京子ちゃんのほう 1時間かヘタしたら2時間かかると思うんです。」

「ああ。あの先生 妥協は絶対なさらないので有名ですし…ね」

 …?
 なんのことだ?
 
「ですから、先に、二人の…」

「緒方監督!」スタッフの一人が 大声をあげて呼んだ。
「京子ちゃん、振り写し 終わったそうです!!」

「え!?」「なっ!?」

 なぜか ヤツと監督が 驚いている。

 なんなんだ?

「ま、まだ 先生がこられて…10分も…!」

「はぁ…ですが 日舞の先生が もう充分…と。」

 ああ。だったら…。

「あいつ 井上流 名取レベルですから。たいがいのものは 舞えるはずです」

 『京都の舞妓』なら その流派でいけるはずだ。

「ええええええ!?」のほほん監督が 顔色を変えた。

「…知らずに 抜擢なさったんですか?」

「え。ええ、NRのCMで…イメージぴったりだったので…!」

 ふぅ…。
 そういえば この監督は そういうヤツだった。

 大物なんだか なんなんだか。

「こ、今後の進行表 見直してきます!」

 挨拶もそこそこに スタッフとともに あわただしく去っていった。

「…レベル…とは、どういうことなのかな?」残された男が ぼそりと つぶやいた。 

「免状いただくには 上納金が必要でしてね。
 名取りまでとっていこうとなると 重ね重ねてすごい額いるんですよ。」


「…!習わせた以上 そのくらいの覚悟!」

「教えたのは オレんちに長逗留してた ご隠居で。
 アイツの親は…そんなのに…金なんか…!」


 思わず 口元が ゆがんでくる。

 あの女が!関心あったのは!
 学校の成績! 塾の成績! 模試の成績!

 しかも 100点以外は 絶対、許さない!!

 その先生も オレのおふくろも さんざん「才能があるんだから のばしてやれ」と
 勧めたが…「無駄なこと」と まるで相手にしなかった…!

 それでも、その先生は まるごと ご厚意でキョーコに舞を教えてくれた。

 オレ達が 中学生になる頃 亡くなって…キョーコも それ以来 舞は やめてしまったが…。

 腕は さほど なまってないようだ。
 5年ぶり…で キョーコの舞が見られるのか…。

「…信じられない…」

 ん?

「そんな親…親なんかじゃ…!」

 …。

 こいつも
 オレ同様 親には大切にされたようだ。

 キョーコの
 子どもの頃の悲しさ苦しさ

 わかってやれはしまい。

 青ざめて痛みをこらえるような表情のコイツに

 初めて
 同志のような気持ちを抱いた。

 どれほどキョーコを愛していても

 本当にわかってやることはできない。
 キョーコの深い心の傷を

 オレ同様に…!








 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【続:花橘(side:R) 【白蓮青松 №13】】へ  【しとしとと止まぬ雨(side:K)【白蓮青松 №15】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【続:花橘(side:R) 【白蓮青松 №13】】へ
  • 【しとしとと止まぬ雨(side:K)【白蓮青松 №15】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。