スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←梅雨 (side:Y)【白蓮青松 №21】 →露草(side:亮 in “水月の舞”)【白蓮青松 №23】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【梅雨 (side:Y)【白蓮青松 №21】】へ  【露草(side:亮 in “水月の舞”)【白蓮青松 №23】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
第3章 白蓮青松

梅雨(side:M) 【白蓮青松 №22】

 ←梅雨 (side:Y)【白蓮青松 №21】 →露草(side:亮 in “水月の舞”)【白蓮青松 №23】
梅雨(side:M) 【白蓮青松 №22】





「緒方監督も…もう少し スケジュール考えてほしいわよねぇ。」

 休憩時間。
 スタジオの片隅の休憩コーナーで 茶菓とお抹茶 一緒にいただきながら
 しみじみと 広田さん― 私、沙也加の母親役の女優さん ― が つぶやいた。

「もう…本当に…ホンキで 怖かったもの!敦賀君!」

「…そうですね…。」
 私だって うっかりセリフ どもってしまったし!

「敦賀君の目前で 京子ちゃんと不破君の 熱々ラブシーンたっぷり 見せつける…
なんて…!空恐ろしいこと しないでほしいわ。はた迷惑な!」

「…同感です…。」

 不破…が 「うまい」のは
 たっぷり私情を込めてるから 当然だけど…。

 キョーコ…も ほんとに…!
 若手実力派№1ぶりを ムダに発揮して…!

 極度の愛の欠落者のくせにっ!
 どうして やたら ラブシーンだけが上達してるのよ…!!

 おかげで
 二人の「そのシーン」中…!

 『敦賀先輩』の周囲 3m以内には
 何人たりと 立ち寄れない ブラックホールが発生してたもの!

「それにしても、さすがですね。川瀬さん。」
 広田さんが ベテランの俳優 赤瀬川拓人役の川瀬さんを たたえる。

「敦賀君が テーブル割った時…!私も 奏江ちゃんも ホントに 演技抜きに怯えたのに!
悠然となさってるんですもの…!お見事ですわ!!」

「そりゃ 内心は びびってましたよ。」苦笑しながら 川瀬さんが応じる。

「でも…彼、撮影前から 尋常じゃない 黒い空気まとってたし…ちょうど 激怒して爆発する
シーンだし…『こりゃ この暗黒パワー全開で来るなっ』という 覚悟はしてましたから。」

 律儀に美術さんや小道具さんにも わびて回ってる敦賀先輩を見やりながらつぶやく。

「あれだけ紳士で温厚な敦賀君を あんなに狂わせてしまうんだから…。
つくづく…恋は魔物ですな。」

「シーン58入ります!スタンバイお願いします!」

 監督の声が響いて、あたりが一気に静まった。

 「スタート!」






 
 月はおぼろに 東山~♪
  
 亮の三味線 女将さんの謡に合わせて舞う鈴音。
 流れるような動きが 実に優雅で美しい。

「けっこうや。鈴音ちゃん」満足そうに 女将がほほえむ。

「どうやら 舞は衰えてないようだな。」
 からかうように 亮に言われて 鈴音がむくれた。

「たった1週間で 衰えるわけないやろ?10年間も続けてるんやで?」

「よかったわ。この分やと 予定通り 来月は 小鈴ちゃんの店だしできるな。」
 しみじみと 女将さんがつぶやく。

「おなじみはんにも『小鈴ちゃんの店だしはいつや?』て きつい催促受けてたさかいに
これで この清河も安泰や。」

「…店だし…は 仕方ないが…!」
 苦々しそうに 幼なじみが 吐き捨てる。

「鈴音!誰になんといわれても 『旦那』は 作るなよ!いいな!!」
 必死の面持ちで 鈴音に迫った。

「もちろん。そんなん あたりまえやないの」

「俺が…絶対 出世して!金持ちになって…!!お前の『旦那』になるから…!」
「…うん…待ってる…。」
 きつく抱きしめる幼なじみの腕の中 鈴音は、幸せそうにつぶやいた。

「こほん」

 女将さんが咳払いの声を出す。

 ぎょっとして 離れようとした鈴音の体は離さず 亮は眼だけを母に向けた。

「まだ いたのかよ おふくろ。」舌打ちせんばかりの 言いぐさだ。

「気を利かせとうても…!あんたらに入り口ふさがれて よう出ていけまへんのや!」

「ああ そっか。悪い。」
 悪びれもせず 亮は 母に道を譲ると
 追い出すように 廊下に 送り出した。

 背後で ぴしゃっと 障子を閉められて 女将は ふんまんやるかたない表情だ。

「ほんまに あの子は!昔から 鈴音ちゃんのことになると…!」 

 ― がらがらがら ―

「ご、ごめんくださいませ」遠慮がちな 訪いの声が響いた。

「はーい。ただいま!」
どなたやろ?こんな時分に…。

 口の中でつぶやきながら、女将は 玄関に向かった。  




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【梅雨 (side:Y)【白蓮青松 №21】】へ  【露草(side:亮 in “水月の舞”)【白蓮青松 №23】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【梅雨 (side:Y)【白蓮青松 №21】】へ
  • 【露草(side:亮 in “水月の舞”)【白蓮青松 №23】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。