スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【38】粒粒辛苦 →【40】親の心、子知らず
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【【38】粒粒辛苦】へ  【【40】親の心、子知らず】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「『恋だの愛だの』」
Ⅰ 四面楚歌

【39】天衣無縫

 ←【38】粒粒辛苦 →【40】親の心、子知らず
天衣無縫(てんいむほう)

【天の衣に縫いあとがないように 何の技巧も凝らしてないすばらしい作品
          =性格が無邪気で飾り気がない人】


「相変わらずだね…夏草君は…」

 常にまっすぐ
 きらきらしくて まぶしい

「…ん?」

 なんのてらいもなく
 女の子に可愛いなんて 平気で言える

 彼の目には どんな女の子だって可愛いと映るんだろう
(桃ちゃんは そのなかでも スペシャルなんだろうけど)

「天然爽やかボーイ」

 あんな嘘 真に受けて
 あのあと わざわざ 調べてた…なんて 

「…ま。アレが アイツのキャラだし…な」

 いい人すぎて…いたたまれない

「…だね…。桃ちゃんとは お似合いだよ。
 どっちも天使属性。ぴゅあぴゅあカップル!」

 いつも表しか見ない 純粋な人間

「…花井をとられて…悔しいとは 思わないのか?」

 常に裏ばかり探して
 斜に構えてた私とは対極にある人

「思わないよ!
 だって 夏草君は すっごくいいヤツだし!」

 あんまりまぶしすぎて…近寄れない…。

「…へぇ?」

 そんなことしたら まっさかさまに落下しそうだ
 太陽に近づきすぎて ろうがとけた イカロスの翼のように

「絶対 桃ちゃんを 大切にすること 間違いなしだしねっ!!」

 そして
 夏草君も 今より いっそう幸せ笑顔で輝くだろう

「なるほど…」

 あの笑顔 見てるだけで 心が癒されるから…。

「それにさ!」

「ん?」

「桃ちゃんは 彼氏ができたからって 私との友情ないがしろにする子じゃないし!」

 自信を持っていえる

「桃ちゃんとは 一生 親友でいられる!
 たとえ 桃ちゃんが 結婚しても 桃ちゃんに子どもができても」

「……」

「お互い おばあちゃんになっても
 きっと一緒に温泉にでも行こうかって お茶飲みながら 語ってるから!」

 ― いいの。利用されてもいいの。友だちになりたいの。 ―

 あの時から
 桃ちゃんは 私の1番の親友っ!

「なぁ」

「ん?」

「おまえ…なんで 自分には 結婚とか子どもの可能性 考えないんだ?」

「ありえないし!」

「…なんで…」

「そういう目で 私を見る男が 現れるとは とうてい思えない!…以上」

「…苗床…」

「ん?」

「俺は…」

「椿ぃ!苗床ぉ!見ろよ!」

 唐突に 夏草君の声が響いて 会話が中断する。

「ど、どしたの?夏草君」

「ほら!記念写真撮影コーナー!あっこで みんなで写真撮ろうぜ!」

 へ?

 言われたほうをみれば
 よく観光地にあるような 顔部分だけくりぬいたけばけばしいパネル

 …の ドラえ○んバージョン!

「よし!ドラえもんは 私が取った!」

「あ。ずっりぃ!じゃ、じゃあ 俺、のびた!」

「しずかちゃんは 桃ちゃんね!」

「え。う、うん!」

「…ガキか…おまえら」

「はい。椿君は ジャイアン!」

「なっ!なんでだよ!?」

「性格が そのものだし!似合うよぉ~」

「似合わねーよ!」

「あっそ じゃ いいや。梅君 できすぎ君ね」

「はい 喜んで」

「椿君は カメラマン。撮影 よろしくっ!」

 配役が割り当てられないキャラは、
 原作どおりの顔を出せるようになってる

 だから 人数分そろわなくとも困りはしない。

 すね夫と ジャイアンの顔を 操作して 全員が配置に着く。

「あ、苗床 眼鏡 ちょこっと貸して。やっぱ のびたは 眼鏡だろ」

「こだわるねぇ、夏草君。はい」

 ちゃっと 眼鏡を外して夏草君に渡す。

「…っ!!」

 なぜか 夏草君が かたまったまま 眼鏡を受け取らない。

「?どうかした?」

「…あ、や。な、苗床 眼鏡外すと…ずいぶん…」

「おい!」

 いらだたしそうに 椿君が声をかける。

「撮るんなら 急ごうぜ。順番 待ってる客がいるんだから」

「あ。す、すみません!」

 夏草君が 恐縮して周囲に 頭を下げる。

「じゃ、じゃあ 借りるな」

 私から 眼鏡を受け取って ちゃっとかける。

「うわ 視界がゆがむ~。椿、早く 撮って!」

「すみません」

 椿君が さっと近くにいた中年男性に声をかける。

「あ、はい?」

「すみませんが 俺たちを 撮っていただけますか?」

「ええ かまいませんよ」

 …?

 携帯操作方法 説明してから
 椿君がこっちにやってくる気配がする

 黙って 私のすぐ横にある ジャイアンパネルの後ろに立った

 …へ!?

「…つ、椿ぃ?」

「一人だけ ノリ悪いのは かえってダサいしな!」

「か、替わろうか?」

「いい!こうなりゃ どれでも 同じ」

 ……。

 ど
 どうしたんだ?!椿君!

 や。
 そりゃ 勧めたけど!

 絶対 嫌がるだろなって わかってたし…。

 このかっこつけが
 マジに ジャイアンパネルから 顔出すとは 思わなかった!!






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【【38】粒粒辛苦】へ  【【40】親の心、子知らず】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【【38】粒粒辛苦】へ
  • 【【40】親の心、子知らず】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。