スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←彦星と織姫(side:K)【蓮香松涛 №18】 →大暑(side:K)【蓮香松涛 №20】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【彦星と織姫(side:K)【蓮香松涛 №18】】へ  【大暑(side:K)【蓮香松涛 №20】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
第4章 蓮香松涛

大暑(side:R)【蓮香松涛 №19】

 ←彦星と織姫(side:K)【蓮香松涛 №18】 →大暑(side:K)【蓮香松涛 №20】
大暑(side:R)【蓮香松涛 №19】




「尚!大丈夫!?」

「…大声…ださないでくれ 祥子さん」

 …ん?
 この声…?!

 握っていた最上さんの手がびくっと震えた。

 駐車場に向かう石道の上でうずくまっていた人影がふらふらと立ち上がった。

「それより…早く ここ離れよう。店に迷惑だ。食中毒かと 疑われでもしたら…。」

「でも…!」

 やっぱり…!不破…!
 ヤツも この料亭に いたとは!!
 会話の途中で マネージャーの祥子さんが 俺たちに気づいた。

「敦賀さん!京子ちゃん!」 

「…っ!」

 ヤツの背中がこわばった。

「こ、こんばんは」「どうか…なさいましたか?」

「しょ、尚が 倒れて…!」

「え!?」

「それは…大丈夫…かな?」

「少し…めまいがしただけです。お気遣いなく。」

 俺たちのほうを見ないように答えるのがいつものヤツらしくない。
 確かに…具合が悪そうだ。

 ふらふらと 駐車場に向かって歩き出したヤツの後をあわててマネージャーが追う。

「大丈夫なの!?明日は 11時に 成田空港を出るのよ?」
「こんなの 一晩寝れば 治るさ」
「尚ったら!さっきも ほとんど食べられなかったくせに!」
「ああ…もったいなかったな…明日から 当分和食は食えないのに…。」
「そんなのんきな…」

 そんな会話がだんだん遠ざかっていく。
 
「帰ろうか…最上さん」

「あ。は、はい」

「…大丈夫だよ マネージャーさんがついてる。あの女性有能そうな方だしね。」

「べ、べつに 心配なんかしてません!」

「…そう?なら いいけど…」

 『心配なんか してない』!?
 今の君の顔 鏡で見せてやりたい!

 いかにも気遣わしげな その表情を!!

「あ…」
「やあ…またあったね」
「こんばんは…」

 マンションについて、
 エントランスをくぐったところで また ばったりとヤツに遭遇してしまった。
 (目的地が同じなんだから 当然なんだろうが!)

「具合は…どうかな?」
 とりあえず 義務として 聞く。

「たいしたこと…ありません…から」
 という顔の色は 紙のように白い。

「…マネージャーさんは?」
「なんだかんだ ついてこようとしたけど 帰らせました。」

 いいのか…!?
 こんな状態で ほったらかして…!

「有能でも 女は女。明日からの海外…オレ以上に忙しくなるの分かりきってますしね。
 遅くまで 俺にかまってたら アイツまで 倒れかねません。」


 …確かに…

 俺が こいつでも そうする…。

 何も 言えなくなってしまった。

 ― ちんっ ― 

 エレベーターが ヤツの部屋のある階に着いた。

「じゃ…失礼…します。」
「ああ…おやすみ。お大事に」

 おぼつかなげな足取り
 部屋に向かうヤツの後姿が
 しまってゆく扉で見えなくなった。

 さっきから 最上さんは 黙りこくったままだ。

「最上さん?」

「は、はい!」

「俺たちも 早めに休もう。お互い、忙しい身だし、体には気を配ってないとね!」
 さりげに 抱き寄せる

「そ、そうですね。」
 
「なんなら 一緒に寝る?抱き枕になってあげるよ?」
 耳元に 優しくささやいた。

「もう!敦賀さん!からかわないでください!私、子どもじゃないんですから!!」

 ふぅ…。

 子どもじゃないから 言ってるんだけど…。

「それに…子どもの頃だって してもらったことないですから…添い寝…なんて…」

 ぼそっと つぶやかれた言葉に 胸が痛くなった。

 見たことも会ったこともない 彼女の親に 心の底から怒りがこみ上げる。

 俺がいるよ。
 ずっと 君のそばにいて 君を抱きしめている。

 君さえ 許してくれるなら 絶対そばを離れない。
 君さえ 許してくれるなら 君を抱きしめて眠りたい たった今すぐにでも!





















 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【彦星と織姫(side:K)【蓮香松涛 №18】】へ  【大暑(side:K)【蓮香松涛 №20】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【彦星と織姫(side:K)【蓮香松涛 №18】】へ
  • 【大暑(side:K)【蓮香松涛 №20】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。