スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←虹の橋(side;S)【蓮香松濤 №33】 →虹の橋(side:R)【蓮香松濤 №35】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【虹の橋(side;S)【蓮香松濤 №33】】へ  【虹の橋(side:R)【蓮香松濤 №35】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
第4章 蓮香松涛

虹の橋(side;K)【蓮香松濤 №34】

 ←虹の橋(side;S)【蓮香松濤 №33】 →虹の橋(side:R)【蓮香松濤 №35】
虹の橋(side;K)【蓮香松濤 №34】




"Somewhere Over the Rainbow"
music by Harold Arlen and lyrics by E.Y. Harburg

Somewhere over the rainbow
Way up high, 虹の向こうのどこか空高くに
There's a land that I heard of
Once in a lullaby. 子守歌で聞いた国がある

Somewhere over the rainbow
Skies are blue, 虹の向こうの空は青く
And the dreams that you dare to dream
Really do come true. 信じた夢はすべて現実のものとなる

Someday I'll wish upon a star いつか星に願う
And wake up where the clouds are far
Behind me. 目覚めると僕は雲を見下ろし
Where troubles melt like lemon drops すべての悩みはレモンの雫となって
Away above the chimney tops 屋根の上へ溶け落ちていく
That's where you'll find me. 僕はそこへ行くんだ

Somewhere over the rainbow 虹の向こうのどこかに
Bluebirds fly. 青い鳥は飛ぶ
Birds fly over the rainbow. 鳥達は虹を超える
Why then, oh why can't I? どうして そこに行けない?
               ああ なぜ 僕は飛んで行けないんだ?


If happy little bluebirds fly
Beyond the rainbow 
    虹の彼方に小さな幸せの青い鳥達が飛んでいるのなら
Why, oh why can't I?            なぜ?ああ なぜ 僕はそこに行けないんだ?




「『虹の彼方に』?」

 突然 頭の上から 降ってきた声に飛び上がった!

「つ、敦賀さん!!」

「ごめん ノックしたけど 返事なくて…前みたいに 倒れてたら大変だしね。」

「い、いえ!すみません!ぼーっとしてまして!!」

「『Why can't I?』…は…『僕は そこに行くよ』とでも訳すんじゃないのかな…?」

 私の英語のレポートにざっと目を走らせて 即 指摘した。
 さすがです…、先輩。

「ええ…『Why can’t~』って言い回し…提案とか 勧誘ですから 普通は そう…です。」

「まあ、解釈の相違だしね。」

 すばやく私の顔色を見て取ったらしい。
 敦賀さんは、なにげない笑顔になって軽くながしてくれた。

「無事、午前中で 撮影も終了したんだろ?まだ、レポート残ってるの?」

「いえ。もうこれで…夏休みの課題も終了です。」

「それはよかった。じゃ、Why can’t we swim? 泳ぎにいこう!」

「Sounds good!いいですね♪」

「じゃ 水着に着替えたら 電話して。迎えに来るから」

「そ、そんな わざわざ…」

「…でないと…」

 …!?
 いきなり すっと抱きしめられた!

 にっこり ほほえみながら
 あごに手をかけて 私の目をのぞきこむ。

 こ、この さわやかすぎる笑みは!ま、まさか!

「すっぽかされるからね。昨夜みたいに…」

 やっぱり!
 怒ってらっしゃったんですね!

「だ、だって…!いくらなんでも…スタッフさんとかに見られたら…!」

「…俺と噂になるの…そんなに…不本意かな…?」

 そうじゃなくて…!

「あ、遊び気分で仕事に来てるのか…と 言われるのが 不本意なんです!」

 自宅じゃなくて 仕事場なんだもの…ここ!

 思わず 目頭がじんわり熱くなる。

「わかってください!」

 お願いですから…!
 必死な思いで その目を見上げた。

「あ…ああ…。」

 なぜだか 敦賀さんが狼狽する。
 さっと 目をさらされた。

「じゃ…じゃあ…、後で…。電話忘れないでね!」

 妙に そそくさと部屋を出て行ってしまった。

 ???

 …わかってもらえたんだろうか…。

 バスルームに行って、干していた水着を手に取る。

 あさぎ色の地にハイビスカスの模様が入ったワンピース+ロングパレオの水着
 その上には、藍色の地におそろいのハイビスカス模様のサンドレス
 どちらも 撮影で使って すごく気に入ったので 即 買い取りを決めた!

 …のに…

 アイツに先越されてしまった!!

「不破君が もう買い取ったわよぉ。モノだけ京子ちゃんに渡してくれって 」

 撮影後 スタイリストさんに ちゃかされながら そう言われたときには…!

 即 アイツに抗議したけどっ…!

「もろ おまえ好みの色とデザインだろ?違ったか?」 

「…う…。」ち、違わない…けど…!

「昔の仕返し。憎い仇のオレに さんざん貢がせてこそ復讐だろ?」
 
 にやりと ほくそえまれて 何も言えなかった!
 不本意ながら アイツは私の好み知り尽くしてる!…悔しいけど!!

 おっと それどころじゃない!早く着替えないと!

 敦賀さんが きっと待ってくれてるもの!

 そのまま バスルームで水着とサンドレスに着替えた。

着替え終えて部屋に出たら テーブルの上のレポート用紙が風で床に落ちてて
 あわてて 拾い上げた。

 『虹の彼方に』…苦い思いで見つめた。

 メーテルリンクの『幸福の青い鳥』前提に作られてる…という歌…
 幸せは、実は自分のすぐそば…我が家にあるんだと 暗示している…歌。

 なぜ 私は そこに行けないんだろう…。

 ― こんこん ―

「最上さん…?用意できた?」

 はっ!
 い、いけない!つい…!

 あわててドアを開けた。

「す、すみません!…て、手間取って!」

「いや…大丈夫?疲れてるんじゃない?」

 いたわるようなやさしいほほえみに 胸がじんとした…。

「とんでもありません!さあ、行きましょう!」

「ああ」

 ごく自然に私の腰を抱いてエスコートしてくれる敦賀さんのぬくもり…。
 この人は いつもこう…。
 さりげなく 私を気遣ってくれる…。

 子守歌…なんて…歌ってもらった記憶…かけらもない…。
 幸福の青い鳥…なんて…私には縁がない…
 “我が家”…なんて…

「ちょっと距離があるけど 星砂があるほうのビーチにいこうね。車借りたから。」

「わあ!素敵です!ありがとうございます!!」

 ”我が家”なんて 私には…なかった…!

 ずっと…。

 でも
 
 今 初めて
 ”我が家”を 見つけた気がする

 この人の そばに…。

「お子様のために 浮き輪も借りていこうか?」

「敦賀さん!!」

 さんざん 子ども扱いされるのが 悔しいけどね!







 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【虹の橋(side;S)【蓮香松濤 №33】】へ  【虹の橋(side:R)【蓮香松濤 №35】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【虹の橋(side;S)【蓮香松濤 №33】】へ
  • 【虹の橋(side:R)【蓮香松濤 №35】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。