スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←遠花火(side:M)【仙友浄友 №10】 →有明の空(side:R)【仙友浄友 №12】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【遠花火(side:M)【仙友浄友 №10】】へ  【有明の空(side:R)【仙友浄友 №12】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
第5章 仙友浄友

有明の空(side:K)【仙友浄友 №11】

 ←遠花火(side:M)【仙友浄友 №10】 →有明の空(side:R)【仙友浄友 №12】
有明の空(side:K)【仙友浄友 №11】




「うわぁ かわいいシーサー!」

「京子様のお気に召して幸いです。」

 礼文島でお世話になった 遠藤さんご夫妻がにこやかに出迎えてくれた沖縄。

 てっきり 礼文島の別荘の管理専門の方かと思ってたけど、そうじゃあないみたい。
 普段は敦賀さんのお父様のお宅におつとめで…お呼びがかかれば どこにでも
 はせ参じてくれるそうだ。

「京子様のお望みの波照間島には あいにく別荘がございませんで…申し訳ありません。
石垣島でどうぞご辛抱を…」

「いえ!そんな!充分すぎるほどですから…」

 もう…!これだけ お世話になってるだけで 申し訳ないぐらい…!

 …それにしても…

 敦賀さんのお宅って
 いったい…どれだけお金持ちなんだろ!?

 ほ、ほんとうに 全都道府県に1こずつあるんじゃないわよね!?

 赤瓦の屋根にシーサーが乗ってるいかにも沖縄伝統の家という感じが心地よい。
 そのくせ、中は近代的で 壁もできたてのように真っ白!

 …できたて…のよう…に?

 あ、あれ!?

 周りにとけ込むデザインで気づかなかったけど…やけに…壁も屋根も新しい…?

「あ…のぉ…?」

「はい?」

「こ、ここ…いやに新しい別荘なんですね…?」

「…あ…いえ。たまたま…そういう物件がございまして…。」

「つい最近 買われたばかりなんですか!?」

「…ご主人様も おぼっちゃまも アウトドア派でいらっしゃいますから…。」

 にっこり 遠藤さんがほほえむ。

「前から、沖縄にも別荘がほしいと思われてらっしゃいまして」

 冷たいさんぴん茶とサーターアンダギーを出してくださりながら 奥様も口を添えた。

「ずっと前から条件に合う物件探していたところ、最近、ここができましたので
早速ご購入なさったんですよ。」

「…はあ…」

 …別荘って そんなにあっさり『早速 ご購入』できるようなものなんですか!?

 ついていけない!お金持ち様の発想!!

 …なるほど…そういう環境だと ああいう人に育つのか…。

 一般庶民の私とは 完全にズレてるものね…。敦賀さんの金銭感覚!

「小さいですけど、裏庭はプライベート・ビーチになっておりますので、どうぞお気軽に。」

「…はあ…。」 

 プライベート…ビーチ…って…。

 や、やめよう…!
 いちいち 驚いたり あきれたりするの…。
 どうせ 私とは 別世界…!一時、お借りするだけだもの!

「天井裏部屋には、寝ころんだ姿勢で星がごらんになれるよう、大きな窓斜めにつけました。
ですから、今夜のペルセウス流星群も よくごらんになれますよ。」

 …!

「ほ、本当ですか!」

 う、うそ!?
 夢にまで見た…アルプスの少女ハイジの世界!!

 まさか 実現するなんて!

 …なんて…?

 ちょっと…待った…

 『つけました』…?

 な、なんだろ…なにか…が ひっかかる…。

「やあ!いらっしゃい!最上さん」

 とつぜん 優しい声が響いて 思考を中断させられる。

「おかえりなさいませ!おぼっちゃま」

「あ、つ 敦賀さん!お邪魔してます。」

 即、立ち上がって深々とお辞儀をした。

「そんな…気を遣わないで…」

 すっと 私の腰を抱く。

「自分の家だと思って、ゆっくりくつろいでね。」

 甘く ささやくやいなや、唇にキスしてきた!

 …!!

 こ、こんな…ひ、人前で!
 え、遠藤さん達がいらっしゃるのに…!

 …に…?

 あら?

 消えてらっしゃる…おふたかたとも!
 いつのまに…!

「あ、あの…」

「ごめんね、最上さん 一人にして…寂しくなかった…?」

「いえ!遠藤さんご夫妻が いろいろお世話くださって少しも…!」

 それに、そもそも 敦賀さんは お仕事でここにいらっしゃってるんだし!

 はっ!

 お仕事!!

「つ、敦賀さん!お仕事は!?ファッション誌の撮影は!!」

「ああ。休憩なしに詰めてもらったおかげで、今日の分は、もう終わったから。」
 休憩なし!?

 ま、まさか…わざわざ…私のため…?
 …って わけじゃ…ないです…よね?

 そ、そんなおそれおおいこと あってたまるものですか!

「行きは、仕事があったから、一緒にこれなかったけど…帰りはちゃんと 俺のセスナで
送っていくからね。」


「わぁ!楽しみです!」

 裏庭から続くプライベートビーチ。
 砂は さらさら きらきらの星の砂。

 グアムとはまた違う…エメラルドグリーン。

 沈みかけたお日様の光が赤みがかってる…。

 ぼーっと 見とれていた。

 …こんな…夏休み過ごせるようになる…なんて…。

「今年は最高だな。」

 突然、敦賀さんが ぼそっとつぶやいた。

「最上さんと こんなに いろんなとこで夏休み過ごせて」

 優しく肩を抱かれて。
 胸が…じんと熱くなる。

「私も…うれしいです。」

 そっと、その胸にもたれる。

 ここまで甘えていいのかな…。

 そう思わないでもないの…正直言って…。

 敦賀さんがお優しいのいいことに…甘えすぎてない?私…?

「今夜は、この浜辺でバーベキューしよう。
 海鮮物はもちろん 沖縄は 野菜もおいしいから。」


「はい!遠藤さんご夫妻にも ご一緒して頂きましょう!」
 ずいぶん、お世話になってるし!

「そうだね。楽しい夜にしたいな。」

 その笑顔に泣きそうになる。

 ごめんなさい…。

 甘えてばかりで…頼ってばかりで…

 私…がんばりますから…
 一人で立っていられるよう…強くなります!

 だから
 もう少しだけ…甘えさせてください…

 私…がんばりますから…!

 一人で 強く生きていけるように…!

 きっと…がんばりますから!








 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【遠花火(side:M)【仙友浄友 №10】】へ  【有明の空(side:R)【仙友浄友 №12】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【遠花火(side:M)【仙友浄友 №10】】へ
  • 【有明の空(side:R)【仙友浄友 №12】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。