スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←冬めく空(side:仁志 in『埋み火』 第11話)【仙友浄友 №52】 →時雨(side:真吾 in『埋み火』第13話) 【仙友浄友 №54】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【冬めく空(side:仁志 in『埋み火』 第11話)【仙友浄友 №52】】へ  【時雨(side:真吾 in『埋み火』第13話) 【仙友浄友 №54】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
第5章 仙友浄友

冬めく空(side:舞 in 『埋み火』第12話)【仙友浄友 №53】

 ←冬めく空(side:仁志 in『埋み火』 第11話)【仙友浄友 №52】 →時雨(side:真吾 in『埋み火』第13話) 【仙友浄友 №54】
冬めく空(side:舞 in『埋み火』第12話)【仙友浄友 №53】





「仇だと…?ぬかせ!我らは 我らの忠義を貫いたまでのこと!」

「あの赤鬼が どれほど 非道な行いを 続けてきたか!知らぬとは言わせぬぞ!」

 対峙する 藤森兄弟が 憎々しげな目で ねめつけてくる。

「何が 忠義!」

 怒りを込めて 彼らに言い放つ。

「その忠義…ご主人は 喜んだというのか!」

「…殿の御ためだと思ったんだ!このままでは 我が藩の将来はないと!」

「それなのに…!殿は…!我らを お見捨てになられて…!」

「我らの…仲間を…!」

 声に 無念さがにじむ。

 そう…
 桜田門から下城する父の行列を襲った 18人の水戸藩士達は…

 憎き敵の首を手に 意気揚々 手柄を報告に行った。

 しかし

 その功を讃えるどころか 労をねぎらうどころか

 幕府側の激怒に恐れをなした藩主の命により
 全員が すぐに 切腹させられるか もしくは 斬首刑になっている。

 残っているのは ただ二人…!

 辛くも 追っ手を逃れた
 首謀者である 藤森鷹明 その弟 康明!

 今、目の前にいる この男ども!

「今や 同士の中で生き残ったは 我らのみ!!」

「この命、もはや 我らだけのものではない。むざむざ殺されてたまるものか! 」

 言うが早いか 左右から 切り込んできた。

 すばやく 左右に払う。
 さすがに 剣豪できこえた兄弟 すぐに体勢を立て直す。

 てごわい!

 一対一ならばともかく!
 同時に 二人に当たるのは…!

「一人 引き受けよう!」

 仁志様の刃の先が 弟の方に向かう。
 ぴたりと 背を私の背につけてきた。

「お前の父は 私にも義父。仇を討つ資格はあるはずだ。」

「…最後の一太刀は…私に 残しておいてください!」

「ああ!」

 うち捨てられた古寺の一角。
 兄弟の後をたどって 京を 離れ ここ播州までやってきた。

 なにやら 世情騒がしい時節に 狼士隊を動かすわけには いかない…と
 単身で追う予定だったのだけれど

 『絶対 同行する!でなければ行かせぬ!』…と 言い張ってくれた 彼の存在が嬉しい。

 周囲には、人影はない。我々、四人だけだ。

「女のようなと見えたはずだ…貴様 さては 赤鬼の一人娘か…。」
 
「…佐倉直弼が 一人娘 舞。」

「その夫、狼士隊 副長 宗像仁志。」

「そうか!では すぐ後を追わせてやる!冥土で仲良くすごせ!」

 兄の声を合図に 二人が同時に うちかかってきた!

 お互いの背中を 決して離さぬまま うちあう。

 戦闘において 背後をとられるほど 危険なことはない!

「赤鬼の娘だけある…見かけによらず…やるな!」

 対峙する兄の顔が、次第にゆがんできた。

「父の方が 強かった…!もっと!ずっと!」

 思わず叫んでいた。

「卑怯にも 銃弾を撃ち込まれたりさえされなければ…!むざむざ…!」

 こんな奴らに!

「その卑怯な銃…我等の手に入る仕組みを作ったのは 赤鬼本人だろう!」

「…!」

「誇り高き日の本に 汚れた外国人を踏み入れさせて 奴らの売り込むもの いいなりに
買わされて…やりたい放題許して…このままでは この国が滅ぶ!」

「…外国人は嫌いだ 来るなと 言い張っていれば…はい、さようなら…と 帰ってくれると?」

「戦えばいい!そのための剣術だろう!武士道だろう!!」

「刀で 銃弾を 弾けるのか…?大砲の玉を止められるのか…?」

「だから…それは 対抗できる武器を…作って!」

「その製法も道具も…すべて 外国に頼るしかないものを…!
『嫌だ』で すむほど外交は甘くない!」


「ぐっ…!な、生意気な理屈をぬかしおって!」

 問答無用で 打ち込んでくる。理では かなわぬと悟ったらしい。

 がっと 払いのける。
 この程度の打ち込みなど…!

 …!?

 瞬間 くらっと 目の前が白くなった…!

 足場が消えた感覚がした…。

「舞!?」

 彼の叫びが遠くに響く。

「もらった!」

「夫婦仲良く あの世へいけ!」

 ダン ダン

 遠くかすんでいく意識の中で 弾く音が 連続してかすかに聞こえた…。



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【冬めく空(side:仁志 in『埋み火』 第11話)【仙友浄友 №52】】へ  【時雨(side:真吾 in『埋み火』第13話) 【仙友浄友 №54】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【冬めく空(side:仁志 in『埋み火』 第11話)【仙友浄友 №52】】へ
  • 【時雨(side:真吾 in『埋み火』第13話) 【仙友浄友 №54】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。