スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【29】人中の龍 →【31】近くて見えぬは 睫
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【【29】人中の龍】へ  【【31】近くて見えぬは 睫】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「『恋だの愛だの』」
Ⅱ アリアドネの糸

【30】嚢中之錐

 ←【29】人中の龍 →【31】近くて見えぬは 睫
嚢中之錐 

(のうちゅうのきり)

 【賢人は多くの人の中からすぐ才能を現すものです(史記・平原君伝)】


「…というわけで!
 KKコンツェルンに肩入れしてた専務なんかは 掌返したように…」

 病室から 柊さんの声が 響いてくる。

 中身より
 明るく弾んでいるその調子で 

 本当に 親父の会社は 危機を脱したのだとわかる。

 ノックをしてから 病室に入っていった。

「どうぞ。自販機のコーヒーですみませんが…」

 言って 缶コーヒーを差し出した。

 なんせ、俺じゃ 茶の一つも入れられないし。

「ああ!いえ、そんな!どうも ありがとうございます!」

 柊さんは 恐縮して受け取る。

「でも、本当に 誰が あのタイミングで ネットに過去ニュース流したのか…」

 ぱきっと ブルタブ外しながら 柊さんが続けた。

「アリアドネの糸は ともかく…。
 孫息子の暴行事件なんて 公式では とっくに削除されてて!
 個人ブログに 魚拓はってたヤツだったらしいんです!」

「…魚拓…?」

 思わず 口をはさんだ。

「ええ!元記事が削除されても 残しておけるように まんまコピーしたヤツで」

 ぐびっと コーヒー飲みながら 柊さんが続ける。

「本来なら そうたやすく 検索に出てくるわけないんですよ」

 …っ!

 思わず 親父と顔を見合わせた。



「大したお嬢さんだな…まったく!」

 柊さんが帰ったあと 親父は しみじみとため息をついた。

「どれほど苦労して その過去記事 見つけたかと思うと…。いくら感謝しても したりないな!」

「…でも 社の連中には…苗床のことは 内緒なんだな?」

「彼女を守るためだ。KKは、今度の件で カンカンで。なんとしても 犯人をあぶりだそうとしてるらしい」

「…犯人…?」

「都合の悪い過去記事を よみがえらせた元凶を…だ」

「……っ!」

「むろん 真っ先に 我が社の社員たち 疑ったようだが…。
 みんな ほんとに 何も知らないし スキルもないからな」

「じゃ…」

「次に疑われるのは 俺でしょうね」

 ?!

 いつのまにか 病室のドアに 長髪の男が立っている。

「…何だ!?アンタは!」

「御家司郎。よろしく」
 
 みけ?

 …ああ
 今度の計画で 重大な役割果たした
 相当の凄腕ハッカーとかいう 姉貴の後輩 帝都大1回生

 相当にやばい経歴の持ち主とか…。

「初めまして 叶美から聞きました。とても お世話になったそうで…」

「いえいえ。俺は 楽しんで参加した口ですから!」

 父の丁重な挨拶を軽く流し
 手元でなにやら 機械を操作しながら 入ってくる。

「OK 盗聴器も盗撮カメラも なし…と」

 …え?

「KKは、なんとしても 犯人捜したいし。とっかかりは ここが一番でしょうしね」

「御家さん!それが わかってらっしゃるなら 私のところになど…!」

「俺が疑われてるほうがいいんですよ。俺なら 我が身 守るスキルがあるんで」

 言って 腕時計を取り出し ねじの部分を押す。

 じじじっ
 たちまち 空中にプラズマが走った。

「…それ…」

「あー、大丈夫。殺傷能力は 加減してっから。せいぜい 全治半年の火傷ですむ」

 …っ!?

「俺の指紋にしか反応しないようにしてるし、普段は 最弱の目盛りにあわせてるしね!」

「だ、だが 向こうは どんな手で…!」

「なぁに あと半月もたてば 犯人さがしどころじゃなくなります」

「…なんで…」

「奴ら まんまと 俺のPCに侵入してきたんで…トロイの木馬プレゼントしてやりました」

「トロイの木馬…?」

「すぐには感染せず 時間をおいて 発症するウィルスですよ」

「…でも…。もしかして どこか 無関係な一般の会社のPC使ってたりしたら…」

「俺のPCのセキュリティ外して侵入して来るんだ。相当な性能のPCだし、かなり凄腕のハッカーですよ」

 にやっと 不敵に笑う。

「それに KKにしか効かない トラップ仕込んだんで」

 その笑顔は どこか 苗床に似てる。

 性格の悪さがにじみ出る笑顔!!

「…で…。発症したら どうなる…のかな?」

「とりあえず 機密はすべて ネットに公開され、
 その10日後 株式は 100枚1円で 売りに出されるようにしときました」

「な…っ!!?」

「半月後には KK 生き残りに必死で 犯人なんか どーでもよくなります」

 はっはっは!

 豪快に笑うヤツの影で 思わず 親父と目を見合わせる。
 
 なんで
 こんなやばいヤツが
 一般人みたいな顔して 普通に暮らしているんだ!?




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【【29】人中の龍】へ  【【31】近くて見えぬは 睫】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【【29】人中の龍】へ
  • 【【31】近くて見えぬは 睫】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。