スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【31】近くて見えぬは 睫 →【33】未だ早いが遅くなる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【【31】近くて見えぬは 睫】へ  【【33】未だ早いが遅くなる】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「『恋だの愛だの』」
Ⅱ アリアドネの糸

【32】昔は今の鏡

 ←【31】近くて見えぬは 睫 →【33】未だ早いが遅くなる
昔は今の鏡

【今起きていることを鏡にうつすと昔のできごとが見えること
 =昔のことを研究すれば、いま起こっていることの参考になるのです】


「あ、あのさぁ よければ みんなで 一緒に 牛丼 食べるのはどうかな?」

「はぁ!?」

 ショーダンじゃねぇよ!なんで こんなヤツと!!

「とりあえず 移動しよう。
 どうやら われわれは 下校生徒たちの進路を妨げているようだ」

 ……。

 ヤツに言われて 周囲を見渡せば 
 興味津々 俺たちを 見つめている雑魚ども

 じろりとにらみつければ 三々五々 そそくさと散っていく。

「私 おなかぺっこぺこだし!ね!つきあってよ、椿君!」

「なら 俺が持ってる食券のとこ つれてってやるよ!!」

「は、心が狭いな」

 むっ!
 
「より多くの人間と触れ合うことこそ 学校生活の意義というものだろう。
 君は 苗床の世界を 狭く閉ざしてしまう気か?」

 むぅううー!

 なんて イヤなやつ
 きいたふうなこと ぬかしやがって!!





「私 つゆだく 玉つきで!」

「はい!喜んで!」

「…俺は 大盛り 玉付き ねぎだくで」

「…はっ、はい!よ、よろこん…で」

「会長は?」

 苗床が 右側にいるヤツに聞く。

「…ああ…いや。君らの言ってる単語の意味がつかみかねて…」

「なら、メニューどおり 頼みゃあいいだろ」

 この 世間知らずが!

「玉つきは、卵入り。つゆだくは 汁を多めに。ねぎだくは ネギを多めに。
 特に好みがなければ 普通に頼んで いいと思いますよ?」

「…じゃ、お前と同じでいい」

 むっ

「こちらも つゆだく 玉付きで!」

「はい!喜んで!!」

 くそ!

 なんで 会長なんかと
 ずらり カウンターに並んで晩飯なんて!

「どうです?基本1杯、290円の庶民の味は」

「素材の低品質さを 巧妙な味付けで 糊塗している。見事な粉飾だ」

「…素直に おいしいっていったら どうですか…」

「しかし これでは よほど多く売らないと 利益はあがらないだろうな」

「そうですよね」

 むっかむかむか

 あー、むかつく!
 苗床が 他の男と話してるだけで 超気分が悪い!

「でも 意外だ、椿君 てっきり 牛丼 初体験かと思ったのに」

 くりんと 苗床がこっちを向いた。

「…おまえ おれのこと どうイメージしてるんだ」

 内心の動揺隠しつつ 湯飲みから茶を飲む

「中坊の頃、助っ人で出た試合帰りに よくおごってもらったりしたさ!」
 
「…さすが 椿君。あくまで おごりなんだよね…」

「…なんだよ…!」

  ― RRRRR ―

 …ん?

「失敬、電話だ」

 苗床の向こうにいた会長が さっと立ち上がった。

 携帯だけ持って 店外に出る。

 ま、当然か
 店は超満員で やたらさわがしいからな。

「薄利多売っつっても こんだけ客入ってんなら 大丈夫だろ」

「…私たちが入ってきたときは がっらーんとしてたのにね…」

「おお よかったな。タイミングいいときに入れて」

 はぁー

 どこか 遠い目をして苗床がため息を吐く。

 …?

「なんだよ、疲れてるのか?」

「いやいや、相変わらず センターの自覚ないなって…」

「…は?」

「あのさ 椿君」

「ん?」

「会長となら 友だちになれない?」

「はぁ!?」

「椿君目の前にして 下僕願望抱かないのは うちじゃ、あの人と城蘭くらいだよ?
 むちゃくちゃ 貴重な存在だって!」

「いらねーよ!誰が あんなヤツと!」

「いい人だよ?あの人」

「なっ!」

「自分の力信じて ちゃんと覚悟定まってる…漢(おとこ)だよ」

「…!!」

「だから 椿君とは 気が合うと思う。城蘭より はるかに」

「い や だ!アイツは きにくわない!!」

 お前が ほめるようなら なおさらだ!!

「昔のこと 思い出そうよ」

「は?」

「私たちだって お互い 気に食わないとこから 始まったでしょ?」

 うっ!
 
「それが 今、こんなに 仲良しの友だちになれてるんだからさ!
 会長とも 仲良くなれるんじゃない?」

 なれねーよ!

 しかも なんだよ「仲良しの友だち」って!

 おれはな!
 おまえの「友だち」ポジションなんか 全然 ほしくねーよっ!!












 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【【31】近くて見えぬは 睫】へ  【【33】未だ早いが遅くなる】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【【31】近くて見えぬは 睫】へ
  • 【【33】未だ早いが遅くなる】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。