スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←つらら(side:R)【絶えずの炎  №12】 →★字書きさんバトン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【つらら(side:R)【絶えずの炎  №12】】へ  【★字書きさんバトン】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
最終章 絶えずの炎

松明の灯り(side:S)【絶えずの炎 №13】

 ←つらら(side:R)【絶えずの炎  №12】 →★字書きさんバトン
松明の灯り(side:S)【絶えずの炎 №13】






「…そういうの 『策士、策に溺れる』っていうんだよな…。
 いや、『女、さかしゅうして 牛売り損なう』…だっけ?」


「嫌味言うとる場合やの!?松!!」

 おふくろが もうぜんと反駁してきた。

「折角、邪魔者抜きで アンタに京子ちゃんに言い寄るチャンスつくらせよう思うたのに!!」

 なにやら ぎゃんぎゃん 聞こえる声は シカトして 携帯電話のボタンを押す。

「松!のんきに構えとる場合じゃ…!」

 なおも いいつのるきんきん声が いらつく!

「おふくろは 黙ってろ!!」

「…っ!!」

「オレにはオレの考えがある!いいから、おとなしくしててくれ!!」

 よけいに ややこしくなるだけだ!

「尚!どうしたの?」 3コールも待たせず 有能マネージャーが出た。

「祥子さん。ちょっと頼みがあるんだけど…。」













「え?えええええ!?CM撮りっ?」

 折しも 外出しようとしていた二人を 寸前でつかまえることができた。

「なに、驚くことがある。NRのCM最終版は、まだ撮り終えてないだろうが。」

「ふ、…不破君…!で、でも、君の…怪我…。」

「左手だけですし。カメラアングルさえ 考慮してもらえばいいことです。」

「ショー!…む、無茶よっ!」

「だが、それがすまなきゃ おまえだって 気持ちよく 受験に専念できないだろ?」

「そ、それは…そうだけ…ど。」

「と、いうわけで。」

 硬直している敦賀に向かって にっこりほほえんだ。

「オレも、お二方と一緒に 出雲ミステリーツァーに参加させていただきます。
 幸いNRは ツァーの主催にも一口噛んでるので 喜んで相乗りさせてくださるそうで。」


「…それ…は、よかった…ね。」

「ええ。本当に。」

「で、でも お客様 ほうりっぱなしで CM撮影…って 失礼じゃ…。」

「それもぬかりない。ミステリーツァー参加者募集の際、『CMにエキストラ出演』の条項も
 加えたら ますます希望者激増。参加者は抽選になったそうだ。」


「…ずいぶん…手際が…いい…ね!」

「そりゃあ もう!」 

 なんせ 一世一代の勝負がかかってるんだ!

 ない知恵 必死に絞りもするさ!!

「キョーコに 後顧の憂いなく 受験準備にかからせてやりたいですから。」

  にっこり ほほえんでみせれば

  ついに 敦賀は 絶句してしまった。




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【つらら(side:R)【絶えずの炎  №12】】へ  【★字書きさんバトン】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【つらら(side:R)【絶えずの炎  №12】】へ
  • 【★字書きさんバトン】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。