スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←澄んだ雪代 ― 3月14日 ― 【松の光合成 №34】 →夢見草の吹雪 (side:Y)  【松の光合成 №36】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【澄んだ雪代 ― 3月14日 ― 【松の光合成 №34】】へ  【夢見草の吹雪 (side:Y)  【松の光合成 №36】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
第1章 松の光合成

澄んだ雪代 ― 3月16日 ― 【松の光合成 №35】

 ←澄んだ雪代 ― 3月14日 ― 【松の光合成 №34】 →夢見草の吹雪 (side:Y)  【松の光合成 №36】
澄んだ雪代 — 3月16日 — 【松の光合成 №35】

 「すごいなー!このバッグ 80万だぞ!?何が違うんだ?特別な牛の皮なのか!?」

 「ショーちゃんったら それが ブランドの力っていうものなのよ?」

 旅館の客が 置いていった ブランド物紹介雑誌。
 子供だったオレたちは、それを見ながら あれこれ 批評しあっていた。

 「でも…」
 
 キョーコが、オレがさしたハンドバッグ(超有名ブランドの!)見ながらつぶやいた。

 「こんなふうに ブランドのロゴマーク 全面に プリントしてるの あんまり好きじゃない」
 「なんでだ?この中で一番高いバッグだぞ?」
 「だって…押しつけがましいんだもの。
 いかにもブランドですよ!っていばってる気がする…の」


 「こんなのがいい」大きくなって自分でお金を稼げるようになったら…これ…買いたい!

 そういって
 キョーコが指さしたのは
 ブランド物にしては 安い
 どうかすると オレの貯金でも買えてしまうような
 Diorのピンクのミニバッグだった。
 ロゴマークなんてどこにもない。 全体にチューリップのような 花の模様が入ってる。
 唯一 ブランドを主張しているのは 小さな金のチャームのみ。

 どうせなら もっと派手なの言えよ!
 ホントに、貧乏くさいヤツだな!

ノースボール


…!

 肝を冷やして 飛び起きた!

 …よかった…夢で…。

 あの…最後の 心ない一言…!

 あのとき…!
 オレは…口に出して…言ってしまっただろうか…?

 言ってしまったんだろう…。たぶん…。
 オレは…そういうヤツだ…!ヤツ…だった…!!
 
 でも…ちゃんと「キョーコの好きな物」は インプットできてるあたり…
 やっぱり
 オレは
 昔から キョーコが
 好きだった…んだろう。

 好きと思うより先に 好かれて
 ほしいと思う前に 与えられて

 まるで気づきもしなかった
 気づく必要もなかった
 子どものころ。

 それでも…ちゃんと 「キョーコの好きな物」は インプットできていた…。

 Diorの…ピンク…

 キョーコに…ばれた…。

 とうとう…ばれて…しまった。

 キョーコの頭の回転の速さ…なんか よく…承知していたのに!

 つい…あんな…バカなこと 口走った。

 ファンの名をかたって 贈り続けていた…アイツの好きなピンクのDior

 まだまだ ずっと贈…り…続けて…いたかった…のに。
 もっと贈りたい物は いっぱいあるのに…。

 自分が贈ったものを 愛しい少女が うれしそうに 身につけてくれている…
 その…甘い幸せに…もっと…酔っていたかった!


 どうして 気づけなかった?
 長い間に降り積もった雪が 地面にしみこんで ほとばしる雪解け水のように!
 今!キョーコに向かって ほとばしっていく この…想い!

 今なら わかる!はっきりと!!
 ずっと前から…!
 オレは キョーコが 好きだった!!

 どうして あんな…ぎりぎりまで!
 「失うかもしれない!」と突きつけられた あの…ぎりぎりになるまで…!
 自分で気づかなかった!?気づけなかった!?

 気づいたときには…。
 とんでもない ライバルが 現れていて…。

 オレさえ あんなに バカじゃなかったら
 キョーコは 一生…
 あんなヤツと 顔を合わせることさえなかったハズだ…!

 ずっと…オレのもので いつづけてくれたはずだ…!!

 きっと…これは…天が与えたオレに対する罰…。
 この障害を…乗り越えなければ…キョーコは得られない。
 おろかだったオレ…への 戒め。

 キョーコ…!

 オレの犯したオレの罪は オレ自身であがなわせてくれ!
 お願いだから もう一度…。
 もう一度だけでいい!チャンスをくれ!

 海に向かって…一気にほとばしる 雪代のように
 お前に向かっていく この想いを
 せきとめることなんて もう できはしない…! 

 Photo:「ノースポール」 素材サイト『Canary』様より拝借しました















 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【澄んだ雪代 ― 3月14日 ― 【松の光合成 №34】】へ  【夢見草の吹雪 (side:Y)  【松の光合成 №36】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【澄んだ雪代 ― 3月14日 ― 【松の光合成 №34】】へ
  • 【夢見草の吹雪 (side:Y)  【松の光合成 №36】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。