スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←おみくじは運試し(side:S)【絶えずの炎 №30】 →【0】フレイヤの涙
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【おみくじは運試し(side:S)【絶えずの炎 №30】】へ  【【0】フレイヤの涙】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
最終章 絶えずの炎

おみくじは運試し(side:K)【絶えずの炎 №31】

 ←おみくじは運試し(side:S)【絶えずの炎 №30】 →【0】フレイヤの涙
おみくじは運試し(side:K)【絶えずの炎 №31】


「皆様 左手の方をご覧くださいませ。立久恵峡がみえてまいります。」

 出雲フリー観光最後の集合場所。
 出雲そばの店で軽食をとったあと、宿泊場所に向かう観光バスの中、
 お客様方相手に バスガイド役を務める。

「昨日、ごらんいただきました『氷花』の舞台になったのは、ここでございます」

 60人乗りバス4台…合計240名のお客様。大盛況だ。

「山陰の耶馬渓とも言われる渓谷立久恵峡は、神戸川に沿って約2kmにわたって奇岩、
 断崖が、豪壮な景観を見せてくれる所です。


 モー子さんと私 ヤツと敦賀さん

 一人一台ずつ 分乗している。

「ろうそく岩、天柱峯、袈裟掛岩、天狗岩などが代表的なもので、
 その周りには多くの植物が繁り、植物の宝庫とも言われております。」


 それぞれにファンがついてるだろうから
 不公平がないよう 休憩時間ごとに 私たち4人がバスを移動して
 どのバスのお客様にも 4人全員が案内役を務められるようにしている。

「春は桜 夏は緑陰 秋は紅葉 そして 冬は樹氷…。
 四季を通 じて訪れる人々を楽しませてくれます。
 その近くにあります立久恵峡温泉が今夜のお宿です。」


 おおおぉ~

 お客様方から 歓声があがる。

 ミステリーツァーのならいとして
 宿泊先がどこなのか 事前に知らされていないのだ。

「それでは、最後に 出雲民謡 安来節をご紹介します。」

 温かい拍手に お辞儀をして 昨日、急いで覚えたばかりの民謡を歌う。

 ♪出雲名物 荷物にならぬ 聞いてお帰り 安来節

   高い山から 谷底みれば 乙女姿のどじょう掬い

  出雲八重垣 鏡の池に うつす二人の晴れ姿♪
 

 おぉー!

 心優しいお客様方ばかりだ。
 素人の拙い歌なのに歓声と拍手を おくってくださる。

「ありがとうございます。これで私のガイドを終わります。もうすぐお宿です。
 いましばらく、どうぞ ごゆっくりおくつろぎください。」
  

 にっこりほほえんで また温かい拍手をいただいて 最前列の席に戻った。

「お疲れ様!京子ちゃん!名ガイドだったよ!」

 にこにこ拍手してくれながら 社さんが迎えてくれた。

「ありがとうございます♪」

 昨夜の舞台が はねたあと 一夜漬けで暗記した 案内文
 よかった!なんとか 大役は果たせたようだ!!

「…鏡の池といえば…。」

 思い出したように 社さんが話しかけてきた。

 本来なら、敦賀さんについてなきゃいけないと思うのに

 乗る前に

「お願いだから 同乗させて!俺の心と体の平穏のために!」

 …って すさまじい形相で言われて断れなかった。

「そうさせていただくといいよ、最上さん。虫よ…万が一のためのボディガードに」

 背後で 敦賀さんが とても 優しく ほほえんでいらした。

「京子ちゃんのあれ…不可思議な現象だったよね…。」

「ええ。1円玉は 素材がアルミで すごく軽いので 広げた和紙の上に載せたら
 絶対 沈まないハズなんです!」


 非科学的にも ほどがある!

「…それだけ…すさまじく執念のこもった意志が働くって事なんだろうな…!」

「は?」

「いや!なんでも!!」

「…でも…私より…後の あれのほうが…。」

「…ああ。蓮と不破君が 譲り合ったあげく 同時に紙とコイン置いた…あのとき…ね。」

「風もないのに!すさまじい波が起こって!!二人の紙 巻き上げて
 コインが激しくぶつかりあって 紙ねじねじに からませあったあげく
 大きな渦に巻き込まれて ぼこぼこ 沈んじゃったんですから!」


 お客様方が 怪奇現象?!…って 怯えていらっしゃった。

 その後は 急遽 信仰心におめざめになられて
 あわてて本殿で 熱心に参拝なさっていらした…。

 敦賀さんに やたら 熱心に誘われて
 私も一緒に参拝したけれど…縁談なんて…私には それこそ”縁”がないのに…な。

「…でも あっというまに 沈んだってことは…。」

 社さんが ぼそっと つぶやいた。

「京子ちゃん…もうすぐ結婚する…って 神の啓示…だよな。」

「はぁ!?」

 思わず 声がひっくり返った!

「そんな!そもそも まだ出会えてもないのに!結婚なんてありえません!
 今回 私と敦賀さん達の時だけ まだ人知では未確認の 何らかの自然現象が
 起こったんですよ!きっと!!」


「…あ~。そ、そう…だね…。」

「ところで…社さんは?鏡の池占いは?!」

 どうも こっそり 先にやってしまわれたようで
 この目で 見られなかったから 勢い込んで聞いてみた。

「すぐ近くで…けっこう時間たってから 沈んだ。」

「わぁ!じゃ、もう出逢ってて!これから 愛育んでいくんですね!」

「そう…かなぁ…。俺に関しては 本当に心当たりがないんだけど…。」

 社さんが 真剣に 考え込んでいる。

「社さんなら いい旦那様になること間違いなしですし!相手の方、お幸せですよ!」

「ありがとう。京子ちゃん…嬉しいよ。」

 恥ずかしそうに 社さんがほほえんだ。

「…でも!お願いだから!蓮の前では 絶対 そんなこと言わないでね!
 俺は まだ命が惜しいから!!」

「…は?」

 い、今の言葉の…どこが…?

 社さん
 ときおり 意味不明なこと つぶやかれる…。

 そうとう お疲れなんだろうか…お気の毒に…。













 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【おみくじは運試し(side:S)【絶えずの炎 №30】】へ  【【0】フレイヤの涙】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【おみくじは運試し(side:S)【絶えずの炎 №30】】へ
  • 【【0】フレイヤの涙】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。