スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←夢見草の吹雪 (side:Y)  【松の光合成 №36】 →夢見草の吹雪(side:S) 【松の光合成 №38】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夢見草の吹雪 (side:Y)  【松の光合成 №36】】へ  【夢見草の吹雪(side:S) 【松の光合成 №38】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
第1章 松の光合成

夢見草の吹雪(side:R) 【松の光合成 №37】

 ←夢見草の吹雪 (side:Y)  【松の光合成 №36】 →夢見草の吹雪(side:S) 【松の光合成 №38】
夢見草の吹雪(side:R) 【松の光合成 №37】


 草を踏む足音よりも先に 
 背中に突き刺すような 鋭い視線に
 そいつが 近付いていることを 知る

 それでも
 気づかぬふりで   
 彼女を胸の中に抱き込むことは やめなかった

 この程度の
 ほんのちょっとした ふれあいくらい 許してもらえなくては
 必死に『兄のような』立場を演じている甲斐がないだろう!

「…おはようございます」 

 とはいえ
 さすがに すぐ近くで 挨拶の声をかけられては
 『温厚な紳士 敦賀蓮』は ふりむくしかない!

「やあ、おはよう。不破君。予定より 早かったね」
 
 彼女を 腕の中に 閉じこめたまま(そう簡単に離せるものか!)
 にこやかに答えてみせる。

「…すみませんでした。こちらの事情で…入りが遅れまして…」

 周囲の人間の手前だろう 実に 筋の通った挨拶だ。
 まあ。内心…相当に はらわたが 煮えたぎっているようすが ありありと見てとれる…が。
 
「いや。君の本業なんだし…当然のことだよ。お疲れ様」
「…ありがとうございます」

 歌手としてのこいつは、けっこう大物らしい。

 今は、全国縦断コンサートツアーの真っ最中で…。

 それなのに 予定外の CMドラマ化で
 移動日の合間をぬって ロケ地に駆けつけるという
 超多忙かつハードなスケジュールになってしまったようだ。

 おとなしく 歌だけ歌っていればよかったものを…!!

「…早すぎる…」 

 あいつの声を聞いた瞬間から 身をかたくこわばらせていた
 腕の中の 最上さんが 唐突に つぶやく。

 え…?

「いくらなんでも 早すぎるでしょう?
 大阪で1時間前にコンサート終えたばかりで、なんで 今、ここにいられるのよ!」


 そう…いえば。
 大阪から…ここまでは 車で 3時間近くかかったはず?

「バイクで 最短距離かっとばしてきたからな」
「なっ!」

 初めて…最上さんは 真っ正面から ヤツに向き直る。

「…!」 

 彼女の…首筋やら胸元に残る…痕に…ヤツが絶句した。

 瞬時に
 刃のような視線を 俺に突きつける。

 むろん…真っ正面から 受け止める。

 「それ」に関しては…彼女にならば いくらでも謝る!…が
 貴様になんぞ どうこう言われる筋合いはない!
 
「どういうつもり!?そんな危険なことして!!」
「…危険なものか。オレは、京都にいたんだぞ?この辺り一帯は 庭のようなもんだ。
 中学時代から 走り慣れてる」


  ん?
  日本の中学校って バイクの免許 OKだった…か?

「昔から そんなことばかり 言って!
 あのころ、アンタが走りにいくたんび、私がどんな思いして待ってたと思うのよ!
 救急車の音が鳴るたび 心臓とまりそうだったんだから!」


「一度もジコったりしなかったろうが!」

「運がよかっただけでしょうが!!」

 …最上さん…?
 …怒っている…んだよな…?

「アンタに なにかあったら、周りの人たち 大勢めいわくするのよ!
 仮にも『スター』なんでしょうが!もっと自覚もって行動しなさいよ!!」


 なのに…なぜだ…?
 なにか 他の感情が…入ってる…ような…?

 なによりも…。
 二人の世界に、入り込む…すきが 全然ない!

「ああ!わかってる!!オレは…一人でスターになれた…わけじゃない!」
「…え?」

 それまでと うってかわった ヤツの苦しげな声音に 彼女の勢いもすぼむ。

「オレのために…オレのせいで…自分を犠牲にして…尽くしてくれた…人間のおかげで
 今 この立場にいられる…」


「…ショー?」

 こいつ…は
 ダレ…だ?

「今更、どうやっても 償えるわけないし…奪ったものを 返せるわけもない…」
「っ…!」

 1年前…俺に 灰皿けりつけて…ガンつけてきた

「オレにできることは この世界で誰よりも上にいくことだ!
 自分を犠牲にしたかいが…あったかと 少しでも…思ってもらえるような…。
 誰にも負けない トップスターになる!」

「ショ…」

 あの 軽薄な いきがったガキは いったい どこへ 消えた!?

「オレがここで…へたったりしたら そいつの犠牲まで まるでムダにしてしまう…。
 それだけは 絶対 あっちゃならないんだ!」

「ショー…」

 彼女の…体温を感じられるほど
 近くにいるのは 俺なのに…!

 見つめ合う二人の世界から
 瞬時に…はじき飛ばされる…!

 完全に…!!















 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夢見草の吹雪 (side:Y)  【松の光合成 №36】】へ  【夢見草の吹雪(side:S) 【松の光合成 №38】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夢見草の吹雪 (side:Y)  【松の光合成 №36】】へ
  • 【夢見草の吹雪(side:S) 【松の光合成 №38】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。