スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ソファー (side:K)《松の光合成★№4》 →香炉 【二】(side:S)《松の光合成★№6》
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【ソファー (side:K)《松の光合成★№4》】へ  【香炉 【二】(side:S)《松の光合成★№6》】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
第1章 松の光合成(序)

香炉 【一】《松の光合成★№5》

 ←ソファー (side:K)《松の光合成★№4》 →香炉 【二】(side:S)《松の光合成★№6》
香炉 【一】《松の光合成★№5》


 格調高そうな日本料理の店。
 玄関に入ったとたん、ふと感じた香り…。
 白磁の透かし彫りの香炉から、控えめに漂ってきている薄い煙…。

 (ああ、12月だものな…。「冬」の香か…。)

 実家の旅館でも、
 玄関には、オフクロの手によって生けられた花の傍らに、常に季節の香が たかれていた。

 春は『梅花』、夏は『荷葉』、秋は『菊花』か『侍従』、秋から冬への端境には『落葉』。

 カレンダーをみるより先に、香りの変化で季節を知ったことが多かったぐらいだ。

 (ん?でも、これ……?)

「なんか、甘いな、この黒方」

「白檀が多めなのよ」

 ぼそっとでた独り言に、傍らの茶髪の少女が返してきた。

「ああ…」 

 (それでか…)

「「「!?」」」

 迎えにでていた女将のこやかな表情が、驚きに変わる。
 スポンサーサイドの男、祥子さんやミルキちゃんは、きょとんとしている。

 オレの実家は、自慢じゃないが(本当は自慢だが)由緒ある一流旅館だ。

 京都で「一流」というのは、それすなわち、日本でも「一流」ということで…。
 女将であるオフクロは、華道・茶道はもちろんのこと、書道・香道もたしなみが深かった。
 
 そして、唯一の跡取りであるオレにも、容赦なく、たたきこもうとした。

 華道はさすがに勘弁してもらったが、書道・香道はスパルタ式にやられた。

「あたりまえやろ!?お客様へのお礼状 ワープロなんぞで送ってみなはれ!
 『あっこは もう あぶないんちゃうか?』ゆうて みはなされるんやで!?」

 一流旅館のしばりってやつで
 ほかでは いいかげんに すませられることでも、うちは別格だったから

 一人でやるのもしゃくなので、むりやり京子にもつきあわせたが…。

 はっきりいって、やぶ蛇だった。

「キョーコちゃんは、こないに完璧にこなせるのに…なさけないなぁ あんたは!」

 オフクロの愚痴がふえただけだった…。

 (コイツの物覚えが異常に早すぎるだけだろーが!学年万年トップの頭脳と比べるな!)

 とは、プライドにかけて
(ましてや 京子は、これ以外に、華道も茶道も 教えられている!)
 いえるはずもなかったが。

 まあ、だから、いやでも、体は(鼻は?)しっかり覚え込まされていて…

 『黒方』という香は、
  沈・丁字・白檀…なんだっけ?

  と、とにかく
  いろんなものを練り合わせて作るものという知識はあった。(というか、さんざん作らされた!)

「まぁ~。お詳しくていらっしゃるんですね!お若いのに、お珍しい!」

 料理屋の女将が、にこやかに話しかける。
 (こんな軽そうな茶髪の若造どもが!)という内心が透けて見えている気がする…が。

「今日は、若い女性のお客様が多いんですね」 

「ええ!女子大の忘年会のご予約をいただいており…」

 キョーコの言葉に、うっかり答えかけて、女将は「は?」という顔をする。

 女将だけではない。
 オレをのぞく全員が「はぁ?」である。

 高級日本料理店。
 玄関先で、他の客と遭遇させるようなへまはしない。

 広い店。
 座敷で供される食事。
 他の客の姿は、一切見えない。見えるはずがない。

「年配のお客様が多いときには、“沈”を多めにしますものね」

 にっこりほほえむキョーコの言葉に、今度こそ女将は絶句した。

 オフクロいわく「客層によって、香の調合を変えるのは、基本中の基本!」だそうだ。

 とはいっても、そこまでこだわらず、既製の香でお茶を濁すところも多い。
 (いや、そのほうが断然多い!)
 してみると、この店は、(見かけ倒しでなく)超一流なのだろう。

 どうやら、料理も期待してよさそうだ。

 キョーコも そう思ったのだろう。

「こんな素敵なお店にご招待頂けるなんて!本当にうれしいです!ありがとうございます!」

 満面に浮かぶ、それはそれはうれしそうな笑顔
 (今のオレには絶対見せない…見せてくれない…)

 招待主である、スポンサーサイドの男に深々とお辞儀をした。



                                                

Photo:陶彩 ふくろう茶香炉』
素朴な色合いが心を和ませてくれます♪ほっこりしたい気分の時に ^-^


陶彩ふくろう茶香炉陶彩ふくろう茶香炉
()
chugai

商品詳細を見る


 二次創作書きさんに たった10のお題(管理人:@レムリアさま)


























 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【ソファー (side:K)《松の光合成★№4》】へ  【香炉 【二】(side:S)《松の光合成★№6》】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ソファー (side:K)《松の光合成★№4》】へ
  • 【香炉 【二】(side:S)《松の光合成★№6》】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。