スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←続:花の季節(side:Y)【松食い虫の逆襲 №13】 →春眠不覚暁(side:R)【松食い虫の逆襲 №15】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【続:花の季節(side:Y)【松食い虫の逆襲 №13】】へ  【春眠不覚暁(side:R)【松食い虫の逆襲 №15】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「松蓮聖戦」
第2章 松食い虫の逆襲

春眠不覚暁(side:K)【松食い虫の逆襲 №14】

 ←続:花の季節(side:Y)【松食い虫の逆襲 №13】 →春眠不覚暁(side:R)【松食い虫の逆襲 №15】
春眠不覚暁(side:K)【松食い虫の逆襲 №14】


           不覚!
           自分の部屋にとびこんで 
           ドアを閉めたとたん 座り込む。

           つくづく…「不覚」だった!
           どれほど後悔したことか!

           油断大敵も いいとこよ!
           どうして こんなに うっかりぼんやりなのよ 私は!


 ことの起こりは 3時間前。
 仕事を終えて 夕食の支度をしていた 春の暮れ。

 今夜のメニューは ポトフ。
 おいしい新タマネギと 新じゃがと 新にんじんと
 豚肉のかたまりとを スープに ぼんぼん ほうりこんで 
 沸騰させて 後 火をとめる
 あとは ほっとく鍋で ほっとくだけ♪

 あ~楽ちん我ながら よくぞ 勝ち取ったこの賞品!!
 たいした難問出たわけじゃなし!ほんと、クイズ大会様々よね
 また 呼んでもらえないかなぁ ああいうおいしい番組!

 付け合わせの 豆サラダや サーモンマリネは用意済みだ(冷蔵庫で味しみこませてる)し
 敦賀さんが 帰ってくるまで あと1時間…。

 …と 考えたまでは 覚えてるの。

 思えば ほっとく鍋が 悪かった…!
 火さえ ついてりゃ
 私 絶対 火元にはりついて ずっと見張ってたのに!

 くーすか 寝こけたりしなかったのにぃぃぃぃぃぃ~!!

 いつのまにか 居眠りして… 眼をさましたら…
 よよよよよよよよりにもよって!ありえないことに!!

 敦賀さんの膝の上!腕の中!!っっって!!
 どーゆうことよ!!

 なのに 私 ねとぼけてたもんだから!
「やあ おはよう」
 いつも通りにさわやかな 挨拶をくれる 敦賀さんにつられて
「お…はよう ございます」って のんきに答えて…

 はた! 
 
 完璧に眼がさめた!

「つつっっつつつ…」
「ん?」
「わ、わたし…あの…どうして…その」 
「帰ってきたら 最上さんが ソファーの上で気持ちよさそうに寝てたから
 可愛…そうかなと 思って 起こすの」
 
「たたき起こしてくださいっっっっっ!!」
「疲れて休んでる女性に そんな失礼なことできないから」

 今 やってる これは 失礼じゃないんですか!?

 …って!
 そうよ!私ったら 先に言うべきことあるじゃないの!!!

「  あ、あの 離して…おろしていただけます?」

 敦賀さんが がっちり抱え込んでるので
 自分では ふりほどくどころか 腕つっぱることさえできない

「ああ…」

 なのに 敦賀さんってば!
 いっこうに 腕の力さえ ゆるめてくれない!

「…キスしてくれたら 離してあげる」

 耳元で 甘くささやかれて ぞわりとする

「…は?」

 それは また どういう新たな新人いびりですか!!

「キスして 君から」 
 
 抗議しようとして 上げかけた私の顔を
 自分の胸におしつけるようにして 敦賀さんは繰り返す

「そしたら…離して…あげる」

 そういいながら
 なぜか 腕の力は さっきより 強くなっている。

 首筋に感じる 敦賀さんの息が 火のように熱い。

 熱くて…ひりひりする

「し…ます」 ぴくっと 敦賀さんの腕が動いた。
「で、ですか…ら。う、腕ゆるめて」
「…ああ」

 やっと 腕をゆるめてもらえて
 久しぶりに 酸素が 肺に入ってきた

「眼…とじてください」

 できるだけ 
 敦賀さんの眼を
 見ないようにして…言う

 なぜだか
 その眼を見てはいけない…気がして

 そっと 唇を 敦賀さんに近づけて
 軽く 触れるだけの キスをした

 その
 ほっぺたに

「…ほほ?」

 眼を開けた敦賀さんが 不満そうに言う

「そ、それが 私の限界ですぅぅぅ!!!」

 ひどい!敦賀さん!
 私が子どもだからって!からかって!!

 ストレスのはけ口役だとしても あんまりよ!

 目頭が熱くなって 本当に泣きそうになる。

「じゃ 今後は これを 挨拶にしようか」

 一転 さわやかに 明るい声で 敦賀さんが言う。

「は?」

「やっぱり 俺には フランス式の挨拶が 性に合っててね。
 日本式のことばだけっていうの寂しかったんだよ」


「…?は?あ。あの?」
「おはよう いってきます ただいま おやすみ 全部 これでいこうね 最上さん」

 きゅら きゅら きゅらららっ 

 さわやかに 
 神々しいスマイルで
 ほほえまれて 絶句する!!

 こっ、このっっっ
 天然フェロモンまきちらし俳優ぅぅぅぅ~!!!

 私が 本気で おびえてパニックしてたのに!

「じゃ 練習。『ただいま 最上さん』」

 ちゅっと ほほにキスされて思考がとまる。

「な!」
「はい。今度は、君の番。『おかえりなさい、敦賀さん』は?」
「つ、敦賀さん!」
「…なに?」
「わ、わたし、そんなことやるなんて ひとことも!!」
「…ほおじゃないところがいいなら そうするけど…?」
「ほっぺにさせてください…」

 結局

 ほっぺにキスして「お帰りなさい 敦賀さん」をやるハメになり
 しかも 今後 挨拶 全部 これ式でやるって おしきられてしまった…。
 (しかたないじゃないの!そう言うまで 離してくれなかったんだもの!!)

 今の今まで
 敦賀さんは 私のこと 女としてみてないって 思ってた
 妹とか 子どもみたいに 思ってるんだって

 とんだ 勘違いだった!!

 敦賀さんってば
 私のこと

 人扱いさえしてないわね!?

 猫か犬だと 思ってるんでしょう!!!

            不覚!

         ほんとに ほんとに 不覚だっった!

         もうもうもうもうもう!金輪際!!
         リビングで寝こけたりしないんだからぁぁぁぁぁ~!!



















 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
総もくじ 3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
総もくじ  3kaku_s_L.png 松蓮聖戦
もくじ  3kaku_s_L.png 天地の詩
もくじ  3kaku_s_L.png 宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 献上品
もくじ  3kaku_s_L.png 単発SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 『恋だの愛だの』
もくじ  3kaku_s_L.png ツイッター
もくじ  3kaku_s_L.png バトン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【続:花の季節(side:Y)【松食い虫の逆襲 №13】】へ  【春眠不覚暁(side:R)【松食い虫の逆襲 №15】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【続:花の季節(side:Y)【松食い虫の逆襲 №13】】へ
  • 【春眠不覚暁(side:R)【松食い虫の逆襲 №15】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。